Loading...
HADASHIWALKER
  • ウォーキングのススメ。
  • もっと早く知りたかった!「歩き」にまつわる3つの話
裸足のように、心地よく。歩きやすさを追求したウォーキングシューズが、健康づくりの味方になる。

知っていますか?
歩くときに大切なこと。

健康のために歩いているのに、ウォーキングに適したシューズを履いていないと歩きにくく、
運動効率が良くないことも。だから、HADASHIWALKER。
日本人の足を熟知したアシックスの技術を凝縮した「歩きやすさ」を追求したウォーキングシューズです。

ウォーキングシューズとランニングシューズの特徴

健康を意識して歩く人へ。
「歩きやすさ」で選ぶなら
HADASHIWALKER

裸足のような軽やかな履き心地、足本来の動きをサポート。
フィットネスウォーキングを楽しむ人におすすめの一足です。

ウォーキングに欠かせない
機能が揃っている!

HADASHIWALKERの特徴

「歩きやすさ」の秘密は
ソールに!

ソール
ソールのポイント
ソールの一押し機能

ウォーキングと
ランニングの違いは?

ランニングと異なり、ウォーキングでは両足が同時に設置する瞬間があります。
スムーズな歩きのためには、前に出したかかとと後ろのつま先がうまく連動するための
工夫のほか、ソールにさまざまな機能を設けることが重要なのです。

歩行動作のメカニズム
さぁ、HADASHIWALKERと
一緒に
心と身体を整える
歩行習慣を始めましょう。

もっと早く知りたかった!「歩き」にまつわる3つの話

  1. episode1

    健康のために
    「歩く」という選択

    各種調査で「ふだん、やっているスポーツは何ですか?」と聞くと、上位に挙がるのがウォーキング。ウォーキングではランニングの半分程度の負荷しか身体にかかりません。足の故障リスクを抑えながら、筋力をつけ、生活習慣病の抑制も行える。まずは、こまめな10分のウォーキング習慣から始めましょう。

    ウォーキングに期待できる効果
  2. episode2

    50歳を過ぎると
    足形も歩き方も変化

    アシックスが集めたデータによれば、男女ともに50歳を超えると急激に親ゆびが曲がっていくことがわかりました。「足形」が変化するのは、クッションやバネの役割を果たすアーチが潰れていくためです。さらに50歳を過ぎると、筋力やバランス能力の低下に対応するために「歩行速度」「左右のブレ」「両足間の開き」などにも変化が出てくることがわかりました。足形や歩き方の変化について意識を高めることが肝心なのです。

  3. episode3

    足の変形に対応する
    靴選び

    50歳を過ぎる時期の靴選びのポイントは、ゆび先を動かせる余裕のある靴を選ぶこと。靴の中で足が滑らないよう、足の甲がしっかりとフィットし、かかとやアーチがしっかりサポートされる靴を選びましょう。裸足のようなフィット感に優れたHADASHIWALKERはおすすめの一足です。

「FITNESS WALKING GUIDE」
ウォーキングシューズで歩こう!

いくつになっても元気に歩き続けるために。靴選びや歩行姿勢のポイント、
ウォーキングに期待できる効果をご紹介しています。

未入力の 件あります